FC2ブログ

太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ほめられて不登校に・・・・・」という意外な事実

 学校でも、家庭でも、「ほめて育てる」教育が大はやりである。
 たしかに、ほめることにはさまざまな良い効果がある。私が中学校や高校、幼稚園などで行った実証研究でも、その効果は裏づけられた。たとえば幼稚園児では、意識的にほめたグループではそれ以外のグループに比べて「笑顔が増えた」「楽しそうになった」という効果が確認された。また中学生では、「自己効力感が高まった」「勉強が充実している」といった効果が明らかになった。

 ところが一方で、ほめることには意外なリスクがあることもわかってきた。学生に高校までを振り返ってもらった意識調査では、3分の1の学生が、ほめられたり評価されたりしてプレッシャーになった経験があると答えている。そこには生々しい体験がたくさん記されていた(拙著『「承認欲求」の呪縛』)。
 ある生徒は無遅刻無欠席を続けていたところ、親からたいそうほめられ、親は近所でそれを自慢するようになった。すると生徒はだんだんそれが負担になり、ついに学校へ行けなくなってしまった。そして欠席が続き、卒業も危ぶまれるようになったという。周囲から期待されて生徒会の役員になった生徒が、期待を過剰に受け止め、自ら命を絶ったという悲しい出来事もある。

 私が教えていた大学院生のなかにも、優れた研究をほめられた学生が突然大学に来なくなったという例が複数ある。小中学校の教育現場で話を聞いても、ほめられ、期待された児童・生徒が強いストレスから学校を休んだり、心身に不調をきたしたりするケースが少なくないそうだ。

 ほめられるのは、たとえていうと一種の負債である。債務を負うと、それを返さなければならないというプレッシャーを感じる。それと同じように、ほめられたり、期待されたりすると、それに応えなければならないという心理的負担がストレスにつながるのである。実際、叱られるよりほめられる方がストレスが大きくなる場合がある。

 けれども「ほめることは良いことだ」と信じ込んでいると、このような弊害に気づかない。その結果、知らず知らずのうちに子どもたちを追い込んでしまうのである。

 ほめることは大切だ。しかし、ほめ方によっては、それが大きなリスクをもたらすということを忘れてはいけない。
 連休明けには、ストレスらか学校に行けなくなる子があらわれやすいといわれる。そこには意外な原因も隠れていることを親も教師も知っておいてほしい。
スポンサーサイト
  1. 2019/05/07(火) 21:51:40|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呪縛に陥りやすいのは若者より、むしろ管理職のほう

 「承認欲求」といえばバイトテロや不適切動画、成人式の乱行など若者の問題というイメージが強い。
 しかし実際に、管理職や経営者など地位の高い人が強い呪縛に陥りやすい。若手なら上司や同僚に対して、「もっと認めてほしい」と言える。それに対し管理職や経営者が、部下に「もっと尊敬しろ」とか「認めてくれ」とは言えない。そして部下から認められなければ、リーダーシップに欠けるという烙印を押される。ときには、その鬱憤や焦りが部下へのパワハラとなってあらわれる場合もあるのだ。
 いまリーダーシップに対して「フォロワーシップ」という言葉がしばしば使われるようになったが、部下としては自分自身が上司に認められるためにも、自分が上司に感謝し、信頼していることを伝えることが大切だろう。



(2019/3/9)
  1. 2019/03/09(土) 16:49:50|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタインデーと手編みのマフラー

 昔聞いた話では、バレンタインデーが近づくと男性が女性に対して優しくなる傾向があるそうだ。そして義理チョコをもらった人は、もらっていない人に比べて女性に優しくなるという。「たかが義理チョコ」と笑いながら、多少なりとも意識していることのあらわれだろう。
 「義理」チョコは文字どおり「義理」であり、深い愛などは込められていないが、日ごろの付き合いに対する感謝の印であり、もしかしたらそこに300円~1000円程度の愛は込められているかもしれない。だとすると、男性が義理チョコをもらえるように女性に優しくしたり、もらったら優しくなったりするのは、女性からの感謝やささやかな愛を心のどこかで求めている(求めていた)証であり、承認欲求に呪縛されているといえなくもない。
 もっとも義理チョコなら、ホワイトデーにチョコより少し高めのお返しをすれば呪縛が解ける。しかし、思わぬ人から心のこもったプレゼントをもらったら、それではすまない。昔なら、手編みのマフラーやセーター、手作りのケーキといったところだろう。プレゼントに込められた「愛」の大きさは計量困難なので、呪縛を解くのも容易ではない。
 日本の組織や社会には、これと同じような性質の呪縛がいたるところに存在し、しかも四方八方に広がっている。意外に思われるかもしれないが、スポーツ界の暴力やパワハラ、過労死・過労自殺、企業や役所の組織不祥事、等々多くの社会問題が実はこの種の呪縛によって引き起こされている。少なくとも関わっていることは間違いがない。しかも一定の条件がそろえば、だれでも呪縛に陥る。
 その条件、すなわち当人が感じる呪縛やプレッシャーの強さは、つぎの簡単な数式によってあらわせる。
 (A-B)×C
 したがって呪縛を防ぐ、あるいは呪縛を解くには①Aを小さくする、②Bを大きくする、③Cを小さくする、という3つの方法がある。それぞれについて、個人、組織、社会それぞれができることを実例とともに示した。

(2019/1/27)

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/01/27(日) 22:35:21|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無意識の承認欲求がもたらすもの -心の中に潜む"モンスター"をいかに制御するか-

 「承認欲求」という言葉が若者たちの間で流行っていて、もはや「準流行語大賞」といった勢いです。奇抜な言動や細工を施した顔写真などをインスタグラムやツイッターに投稿したり、わざとウケを狙って話を盛ったりするのが承認欲求からくるものだというわけです。
 たしかに、それが承認欲求からきていることは間違いありません。しかし、そうした言動は法を犯し、他人に迷惑をかけないかぎり、それほど有害でも危険でないことが多いものです。
 むしろ危険なのは、自分も周囲も承認欲求に動かされていると気づかない場合です。無意識の承認欲求が自分を追いつめてときには自ら命を絶ったり、他人や組織を窮地に陥れたりすることがあります。その芽はだれの心の中にも存在するし、たいていの人がそれを経験していることが意識調査からも明らかになりました。しかし、それが承認欲求のなせる業だと気づかなければ対策も打てません。
 私はこれまで承認欲求の「光」の部分に焦点を当て、それがいかに前向きな行動を生むかを多くの実験や事例で示してきました。しかし一方で、承認欲求には「影」の部分があり、その危険性がとても大きいことにも気づいていました。調査結果もそれをはっきりと示しています。
 近刊『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書、2019年2月刊)では、学校の生徒から官僚や会社員、そして有名なスポーツ選手など多くの具体的ケースを分析しながら、隠れた承認欲求が、いかに重大な個人的・社会的問題を引き起こしていくかを説明しています。そのうえで、人の心の中に潜む"モンスター"をどう制御すればよいかを定式化して示しました。本書をひとつのきっかけにし、承認欲求の奥深さを考えていただけると幸いです。

  1. 2018/12/24(月) 11:59:25|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近刊 『がんばると迷惑な人』 について

太田肇 『がんばると迷惑な人』
  新潮新書、2014年12月刊  (amazonで予約受付中)

※今回は、早くから問い合わせがあるため、発売前から内容を紹介します。

■ 急落するわが国のGDPや国際競争力、非効率的な企業経営。誤った「常識」に気づき、"やる気"と努力を引き出す仕組みを変えなければ日本の国際的な地位はますます低下し、アベノミクスも女性の登用も腰折れするのは目に見えています。
本書では、身近な「がんばると迷惑な人」から視野を広げ、次のような問題の本質に思いきって切り込みます。
●"やる気"をめぐる根本的な誤解とは?
●なぜ、"がんばり"が通用しなくなったのか?
●"がんばり病"はどれほど怖いか?
●どうすれば努力の<質>を高められるか?
●日本人のチームワークに欠けている2つの要素とは?

日本人の"やる気"を根本から問い直す本です。

(2014/11/17)
  1. 2014/11/17(月) 09:45:39|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『子どもが伸びる ほめる子育て -データと実例が教えるツボ-』ちくま新書、2013/11/5刊

「ほめることが大切だ」「いや、ほめないほうがよい」「ほめるより認める方がよい」・・・いろいろな意見が飛び交っています。
 しかし、限られた体験や印象論だけで論じるのは危険です。どんな場合に、どのようにほめたり認めたりすると効果があるのか? 逆効果になるのはどんなときか? ほめるのと認めるのとはどこが違うのか?
 ほめること、認めることの意味を深く追究し、それを実証してこそ、効果的なほめ方、認め方をはっきりと示すことができます。
 本書は、大量の幼稚園児、中高生を対象にした before - after の研究プロジェクトや、大学生の臨界事象法による「ふり返り」などから、ほめる効果の核心に迫ります。
 そのうえで、思春期・反抗期の子、長男・長女とすえっ子、内気な子と活発な子のほめ方など実践的な方法、そして親子関係の意外な盲点についても書いています。


[目次と主な内容]

●第1章 子どもをほめたら、こんな効果が

 幼稚園児、中高生、社会人、計1000名以上を対象にした研究プロジェクトの結果、「上手に」ほめるたら得意なものができ、自己効力感や勉強の充実度が高まること、成績が上がることが判明。

●第2章 ほめて伸ばす(基本編)

 ほめ方によっては、効果がないばかりかかえって逆効果になる。また一時的に喜ばせたり、やる気にさせたりするほめ方と、自ら伸びるエンジンをつくらせるほめ方とはまったく違う。大学生数百人の「ふり返り」や学校、塾、家庭での聞き取りから、子どもを伸ばすほめ方、叱り方のツボを示す。

●第3章 こんなときには、こうほめよう(応用編)

 上記の「ツボ」を押さえながら、ほめどころが見つからない子には、また子どもが落ち込んでいるとき、反抗期を迎えたときにどんなほめ方が有効かを説明する。

●第4章 「子どもが伸びる」親子関係とは?

 子どもを伸ばす三つのポイント。
 子育て熱心、仕事ができる親が陥りやすい落とし穴を指摘する。

(2013/11/4)

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/11/04(月) 16:16:53|
  2. 新刊紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書) 
『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)
『ムダな仕事が多い職場』(ちくま新書)
『なぜ、日本企業は勝てなくなったのか』(新潮選書)
『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)
『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。