太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「小」犯罪多発の背景に何があるのか?

 嘆かわしい事件が続く。昨日のニュースでは、善光寺の本堂に落書きがみつかった。また、路上に植えられていたチューリップが何者かに切断された。どちらもトップ・ニュースだ。最近、この種の「小さな」犯罪が頻発している。「小さな」というと、「何が小さいんだ!」とお叱りを受けそうだ。実は、そこに原因が潜んでいると私には思われる。
 最近、発言する市民が目立つようになってきた。それ自体はよいことである。しかし、市民社会が成熟していないわが国では、欧米のように違う立場の人が議論をたたかわせることはまれだ。そのため、もっともらしくて容易に反論できないような情緒的発言が幅をきかす。マスコミはそれに飛びつき、煽る。そこから仮構の「世論」が形成される。そして「世論」から外れた者はバッシングにあう。
 やがて、「世論」に真っ向から反論できる論理も、それを表明できる手段ももたない大多数の者は沈黙していく。このようにして、仮構の「世論」と、多数の人々(サイレント・マジョリティ)の言葉にできない本音、あるいはほんとうの市民感覚との間に大きな溝ができる。
 学生たちに自由な議論をさせても、酒場で若者たちの言葉に耳を傾けても、また企業等の現場で話を聞いても、彼らの本音は、いま世の中を支配している「世論」とは明らかに違うことがわかる。彼らの大半は「世論」の前提になっているような「いい子ちゃん」ではないが、バランス感覚は彼らの方がむしろ健全だ。
 市民のなかには、自ら本音を吐露できないもどかしさ、鬱屈した気分に陥っている者が少なくない。その一部が、いわば「言論弱者の抵抗」という形で「小」犯罪を引き起こしているとしたら、問題の根は深い。単に、「心ない者のしわざ」といった決まり文句によって片づけるだけでは、溝はますます大きくなる。
 そもそも、チューリップを植えて街を明るくしようという精神に照らせば、ビデオを公開してまで犯人捜しをするのはいかがなものかと思うのだが・・・

(2008/4/21)
スポンサーサイト
  1. 2008/04/21(月) 09:59:10|
  2. 過去
  3. | トラックバック:0

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。