太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不満の矛先

 病院関係者によると、新型インフルエンザの接種をめぐって、病院を訪れる人たちだけでなく病院関係者の間でもちょっとしたいさかいが起きているそうである。「なぜ私にはワクチンを打ってくれないのか」「とにかく黙って打ってくれ」「あなたは接種してもらったからいいけど・・・」というような声があちこちで聞かれるという。
 接種を受けられる人と受けられない人を分ければ、当然、その線引きをめぐって不満が出てくる。たまたま今回の新型インフルエンザは弱毒性らしいのでまだましだが、仮に強毒性で罹患者の致死率が高かったらどうなるか。政府が決めた一方的な線引きではだれも納得しないだろう。
 もう一つ、対立の火種がある。「子ども手当の実施」と「配偶者控除の廃止」だ。内容の是非はともかく、私が疑問に思ったのは、なぜわざわざ「配偶者控除の廃止を財源にして・・・」と両者を結びつけ、国民の利害対立をあおるようなことを政府が言い続けるのかである。両者を結びつけなければ無用な対立は起きないはずだ。それをあえて結びつける様子は、むしろそれをあおっているようにさえみえる。もしかすると不満の矛先を政府に向けさせないためではないかとか、国民が団結しないほうがつごうがよいのでは・・・などとついつい勘ぐりたくなる。
 京都はそろそろ底冷えがする季節。気持ちまで寒々としてくる。

(2009/11/21)
スポンサーサイト
  1. 2009/11/21(土) 15:47:51|
  2. 過去
  3. | トラックバック:0

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。