太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女性専用車両に思う

 先日、発車間際の電車に飛び乗って仕事をしていると車掌がいきなり、「お仕事中すみませんが、この車両は女性専用ですのでほかの車両に移ってもらえませんか」と声をかけてきた。ていねいな口調だったので恐縮しながら別の車両に移動したが、移動先の車両でこの「女性専用車両」についていろいろと考えてしまった。
 女性専用車両について、一部には、「逆差別だ」、あるいは「男性を強制的に排除できるのか」といった批判もでているようだが、考えれば考えるほどそこには矛盾や不公平が含まれているように思える。以下はその一つ。
 女性専用車両を設けた大きな目的は、女性が痴漢の被害を恐れずに安心して乗車できるようにすることだろう。しかし、それなら女性客が全員乗れるだけの車両を用意しなければ意味がないのではないか。まさか、被害にあいそうな女性とそうでない女性がいることをあらかじめ想定していたり、専用車両に乗らない客は被害にあっても仕方がないと考えているわけではなかろう。
 一方、男性の立場からすると、痴漢と誤解されずに安心して乗れる車両、すなわち男性専用車両を用意してくれ、と言いたくなるかもしれない。しかし、考えてみればそれもおかしい。男性専用車両に乗らない客は痴漢のぬれぎぬを着せられても仕方がないことになるからだ。
 要するに、女性についても男性についても、乗車する車両によって暗黙の差別扱いが生まれることが問題なのである。したがって、どうしても女性専用車両が必要なら、全車両の半分を女性専用にして、もう半分を男性専用にするしかない。そうしないかぎり、痴漢や冤罪がなくなりはしない。もっとも、とくべつ被害に敏感な女性、あるいは被害にあいやすい女性を「隔離」することによって事件を減らそうというのが関係者のホンネかもしれない(アンケートでは専用車両導入に対する乗客の支持もあるのでホンネを通しやすい)。しかし、それではあまりにもご都合主義的ではないか(そういえば、最近は公共的な組織でも、筋を通すことより世間の声に迎合することが多くなってきたようだ)。
 ご都合主義的な施策によって、問題はさらに広がる。ある市営地下鉄では、女性専用車両を「(男性でも)高齢者や障害者の方はご利用ください」というアナウンスが流されている。
これがとんでもない差別だということに気がつかないのだろうか。
 そもそも、こうした一種の「隔離」によって、男女関係なく自然に生活し助け合う学校や職場、地域社会に心理的な悪影響を及ぼすのではないかと懸念される。
 いずれにしても、一部の女性を特別扱いするのは視野が狭く罪作りな試みである。
 (2002)
スポンサーサイト
  1. 2001/11/30(金) 12:32:27|
  2. 過去
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohtahajime.blog50.fc2.com/tb.php/10-3390714c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。