太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「清濁併せ呑む」は死語に

 「最近、太っ腹な公務員が少なくなった」。役所の現場に詳しい学者が、こう語った。
 いわれてみればたしかにそうだ。教員や警察官などを含め、まじめで人当たりがよくなった反面、個性や迫力が消えた印象は否めない。

 役所といえば古い日本的組織の代表のようにいわれるが、同じように「古い」日本的組織に大相撲の組織(日本相撲協会)がある。大相撲でも、今や外国人力士を除けば個性的で魅力的な力士は少ない。言葉は悪いが、まじめなお坊ちゃんが相撲を取っているといった印象だ。

 これは、日本社会のバランス変化を象徴しているように思える。
 私はこれまで「承認」について、何冊かの本を書いてきた。その中では、日本の社会・組織が人間の個性や突出した能力・業績などをたたえる「表の承認」より、序列や分をわきまえ、規律や和を乱さないことを重視する「裏の承認」に偏っているとたびたび指摘した。

 ただ、どんな組織や社会でも「裏の承認」だけでは衰退してしまう。そのため伝統的な日本の組織・社会では、うまく「表」と「裏」のバランスが保たれてきた。

 役所で大切なのは本音と建て前の使い分けであり、出世するのは「清濁併せ呑む」タイプだといわれた。ところが今のご時世、一滴でも濁ったものを呑んだら即アウトだ。大相撲でも、無類に強いが破天荒なタイプの力士は「品格」の名の下につぶされてしまう。
 オンブズマン、横綱審議会、再発防止委員会、等々は近年新たに登場し、設置されたものだ。その人たちの努力と意気込みは認めなければなるまい。しかし、それらの制度や組織がマスコミの力を借りてあまりにも大きな威力を発揮しすぎたとき、「表」と「裏」のバランスが崩れる。

 行きすぎた「裏の承認」の厳しさにブレーキをかけるのは、効率、生産性、競争、市場といった組織の外にある要因である。
 たとえば民間企業なら、生産性を上げ、競争に勝ち抜くため、品行方正なだけの者は淘汰され、自ずと「表」と「裏」のバランスが保たれる。ところが役所のように業務が独占的で効率性や生産性に絶対的な基準がない組織では、まじめで人当たりがよいだけの人間ばかりになってしまう恐れがある。
 相撲にしても、絶対的な強さの基準がないので力士の力が全体的に低下してもわからない。これが野球なら、ピッチャーの球速やバッターの打球の速さ、飛距離などに力の低下が表れる。だから、まじめなだけの野球選手によって球界が塗り替えられる可能性は低いのである。

 役所や角界だけではない。ほうっておくと、日本の組織や社会は「裏の承認」に偏る。とくに今はそういう時代だ。日本の風土や伝統、それを広い視野で、そして深く掘り下げて見ないと、よかれと思った改革が「産湯とともに赤子まで流してしまった」ということになりかねない。

(2010/1/29)
スポンサーサイト
  1. 2010/01/29(金) 14:34:41|
  2. 過去
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohtahajime.blog50.fc2.com/tb.php/124-32eac292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。