太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「マーケットイン」の陥穽

 企業では「プロダクトアウトからマーケットインへ」というのがもはや当たり前である。いくら良いモノをつくったつもりでも、消費者の嗜好や市場の動向を無視しては売れない。もっと消費者や市場に対して謙虚になれ、というわけだ。

 その影響は、雇用や人材マネジメントにも及んでいる。即戦力の人材を求める傾向は強いし、顧客や市場にいちばん近いところにいる現場の社員を最上位に位置づける、逆ピラミッド型組織をシンボルとして掲げる会社も増えている。

 しかし、「プロダクトアウト」的な風土は、教育や社会生活から個人、集団の考え方にまで深く染みこんでいる。多くの人が工業社会のモノづくり的発想を正しいものとして疑わないのだ。そのため、なかなか発想の切り替えができない。

 自分自身をふり返っても、反省させられることが多々ある。たとえば、要らなくなったものでも、「いつか使えるかもしれない」とか「良い品だから」と、なかなか捨てられない。そのため家の中は不要物であふれている。
 また文章を書くときにも、このアイデア、この情報は是非使いたいという気持ちが先行し、ついつい冗長になったり、ときに展開を歪めてしまったりする。

 その点、ある意味で切り替えが早かったのは政治の世界かもしれない。「官僚政治から政治主導へ」というのはその象徴であり、ポピュリズムは蔓延した。選挙の当落という究極の利害がかかっているので、切り替えが早いのは当然だろう。マスコミも「意識調査の結果」だの「国民の声」だのとあおり立て、ポピュリズムに手を貸していることはいうまでもない。

 けれども、そこには大きな落とし穴がある。消費者にしても選挙民にしても全知全能ではないのだ。自分たちが選んだ結果を自分たちが支持しないというパラドックスが存在する。個人の選択の集合が人々の総意からかけ離れるという「合成の誤謬」も生まれる。お客様が神様だとか国民の意思が絶対だとかいうのは、消費者や国民に嫌わないためのタテマエであるにもかかわらず、それをまともに信じきる人が増えているのだ。
 その結果、「お客様は神様です」と祭り上げる会社や、「国民の意思」を錦の御旗に掲げる政党・政治家を、消費者や国民はやがて「頼りない」と見放す。事実、消費者の嗜好に敏感なだけの会社から大ヒット商品は生まれていないし、国民のウケを狙いすぎた政党・政治家はたちまち壁にぶつかっている。

 やはり、企業も、政治家も、マスコミも、顧客、市場、国民の「潜在的なニーズ」を探り、それに応えることで支持を得るのがオーソドックスなやり方だろう。しかし現実には、旧パラダイムにドップリつかりきるか、半知半解の新パラダイムをかざすかの両極端を揺れ動いているようにみえる。少し視野を広げてみると、この現象もまた旧パラダイムの一部といえるかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/21(木) 10:52:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohtahajime.blog50.fc2.com/tb.php/160-aedd9e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。