太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1リーグ制論議とパリーグ選手のホンネ

 オリンピックの野球を観ていると、パリーグ選手のハッスルぶりが目立つ。ふだん日の当たらないところでプレーしている鬱憤を晴らしているかのようだ。あるパリーグ球団の球団代表の語った言葉が印象に残っている。「『パパはテレビに映らないけどほんとうにプロ野球の選手なの?』と選手の息子が言うらしい。だから最後はセリーグでプレーさせてやりたい。」今から思えば一リーグ制移行への布石のようにも思えないことはないが、実力がありながら華やかなスターへの道を閉ざされたパリーグ選手の悲哀は伝わってくる。
 「野球ができればどこでもよい」というのはタテマエに過ぎない。巨人や阪神なら二軍でも顔を知られている選手は多いのに、パリーグだとレギュラー・クラスにも知らない選手がたくさんいる。日本シリーズで活躍する姿を観て、こんなによい選手がいたのかと驚くくらいだ。プロのスポーツ選手は花形である。自己顕示欲も強く、それが練習やプレーの原動力になっていることは間違いない。それがたまたまドラフトの抽選で、日の当たるセリーグと日陰のパリーグに分けられてしまうのはやはり納得がいかない。
 「一リーグ制への移行は選手やファンの声を無視している」という反対キャンペーンが張られたが、なんだか腑に落ちない。球団数が減れば一軍の枠も減るので、選手会として仕事の場を守ろうとするのは当然だし、個々の選手がそれに異論を唱えにくいのもわかる。しかし、球団数が減ってもレギュラーの座が脅かされる心配のないパリーグの一流選手は、内心、一リーグ制移行を望んでいるに違いない。また、ファンの声を無視していると言うが、ファンが少なくて経営が成り立たないから合併や一リーグ制移行の話が持ち上がったのではなかったか。
 思うに、この問題の根本は一球団がテレビ局を持ち試合を独占的に放映しているところにある。主としてテレビでしか観戦できない大多数のファンは、野球を楽しむためには極端に言うと巨人ファンかアンチ巨人のどちらかになるしかないのである。当然のこととして収益は一球団に集中し、テレビに映ればスターになれるので選手も集まる。
 プロ野球経営の問題は私の論及できるところではないが、少なくとも今の議論からは選手のホンネが抜け落ちいてるように感じる。議論の出発点を変えることによって、新しい解決策が見えてくるかもしれない。
 (2004.8.18)
スポンサーサイト
  1. 2004/08/18(水) 12:54:21|
  2. 過去
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兄弟による性格の違い | ホーム | せっかち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohtahajime.blog50.fc2.com/tb.php/23-7030a6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。