太田肇 Critical Essays ”個の視点”

同志社大学政策学部教授 (個人尊重の組織論、モチベーション論)  日常生活のなかで疑問に感じたとき即座に書いたものがほとんどです。不完全な内容や思い違いがあるかもしれませんが、お許しください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

相撲協会と人事部-この「日本的」なるもの

 大相撲ファンの私だが、ときどき興ざめすることがある。その「犯人」はたいてい相撲協会だ。
 今日の千秋楽も、白鵬の横綱昇進と雅山の大関復帰がかかっていたので仕事を早めにかたづけ、手に汗を握りながら応援していた。両方とも勝ったので胸をなで下ろしていたら、なんと「両者とも昇進見送り」だという。なんと不可解な!
 大関で2場所連続優勝またはそれに準ずる成績なら横綱昇進という基準や、3場所の通算が33勝で大関昇進という目安があるではないか。それをクリアしていても昇進させないというのなら、何を基準に昇進を決めるというのか。
 大相撲では、行司が最終的な勝負の判定権をもたず、また判定にいち早くビデオを取り入れるなど、他のスポーツと比べても判定は公明正大だ。その点は高く評価している。しかし、いくら勝負判定が正確でも、取り組みや昇進の決定が恣意的なら、まったく意味がない。せめて場所前に、今場所「11勝以上で大関昇進」「13勝以上の優勝で横綱昇進」というぐらい公約すべきだろう。かりにも公的な財団法人なのだから。
 これが「日本的」というなら、会社や役所の人事もさすがにそれとそっくりだ。目標管理で目標達成率を数字で評価し、また個別の評価要素を積み上げておきながら、最終的には何が「総合」だかわからない総合評価で処遇がきまる。課長試験に合格しながら、いろいろな理由でケチをつけられて昇進が見送られる人も多い。サラリーマン社会では、白鵬や雅山のような目に遭っている人が星の数ほどいるのだ。しかも、閉ざされた世界で働きブラックボックスの中で評価される彼らは、力士と違って世間から同情さえしてもらえない。
 公務員試験や教員の採用試験でも、筆記試験に合格した者の中から、うさんくさい「人物評価」で最終合格者を決める。「人物評価」が縁故採用の温床になっていることはもはや公然化しつつある。どうせ合格させないのなら、最初から「あなたは人物に問題があるので筆記試験でいくらよい点を取っても採用しません」と受験を断ればよい。そうすれば受験者に無駄な努力をさせることもない。
 そして、これらの不明朗な決定はたいていの場合、個人の顔が見えない集団で行われる。「三人寄れば文殊の知恵」といわれるが、そこで生まれるのはよい智恵ばかりとは限らない。個人的にはしっかりしたポリシーや責任感をもつ人も、集団になれば無分別・無責任になり、自分たちに都合のよい意思決定に加担してしまうこともある。だから集団主義はこわい。
 いずれにしても、特定の人や集団が個人の生殺与奪の権限を握るような体質を改めなければ、個人のやる気も組織の活力も生まれない。日本人力士が弱いのも、もしかしたらそんなところに遠因があるのではなかろうか。

(2006.7.23)
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ・格闘技 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/23(日) 22:33:37|
  2. 2006年
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<高校野球の審判について | ホーム | 「足で稼ぐ」研究>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2006/08/22(火) 00:26:57 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohtahajime.blog50.fc2.com/tb.php/62-e068d939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

太田 肇

Author:太田 肇
<ホームページ>
http://www.eonet.ne.jp/~ohtahajime/

<職業>
「組織学者」としておきます。

<主な研究分野>
組織論
とりわけ、「個人を生かす組織・社会」について

<肩書き>
同志社大学 政策学部・大学院総合政策科学研究科教授
経済学博士

<著書>
◆最新刊 『最強のモチベーション術 人は何を考え、どう動くのか?』(日本実業出版社)

『個人を幸福にしない日本の組織』(新潮新書)
『社員の潜在能力を引き出す経営』(中央経済社)
『がんばると迷惑な人』(新潮新書)
『子どもが伸びる ほめる子育て』(ちくま新書)
『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)
『表彰制度』(日本表彰研究所との共著 東洋経済新報社)
『社員が「よく辞める」会社は成長する!』(PHPビジネス新書)
『公務員革命』(ちくま新書)
『承認とモチベーション -実証されたその効果-』(同文舘)
『「不良」社員が会社を伸ばす』(東洋経済新報社)
『「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)
『認め上手  -人を動かす53の知恵-』(東洋経済新報社)
『認められる力』(朝日新書)
『日本的人事管理論』(中央経済社)
『承認欲求』(東洋経済新報社)
『お金より名誉 のモチベーション論』(東洋経済新報社)
『「外向きサラリーマン」のすすめ』(朝日新聞社)
『認められたい!』(日本経済新聞社)
『「個力」を活かせる組織』日本経済新聞社)
『選別主義を超えて』(中公新書)
『ベンチャー企業の「仕事」』(中公新書)
『個人尊重の組織論』(中公新書)
『ホンネで動かす組織論』(ちくま新書)
『囲い込み症候群』(ちくま新書)
『仕事人(しごとじん)の時代』(新潮社)
『仕事人と組織』(有斐閣)
『日本企業と個人』(白桃書房)
『プロフェッショナルと組織』(同文舘)

<生活信条>
できるだけ人に迷惑をかけないこと。恩を忘れないこと。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。